YMR調査報告書【白馬連山UFO基地の謎・後編】

2020.07.11 Saturday

0

    ※この記事が初見の方はページ下部の【緊急告知】YMR(Yamaya Mystery Reportage)再始動より順番にご覧ください。よりお楽しみいただける可能性がございます。

     

     

     さて後編です。前回は下書きの最中に何度もブラウザがクラッシュして心が挫けてしまいました…。

     

      この記事を書くな、という第三者の陰謀なのだろうか?

     

     

     陰謀…といえば去る4月、米国防総省が機密解除の後に公式発表した「未確認の飛行現象」の映像3本を公開したのは耳に新しい。

     

     

     実はこれらは2007年と2017年に流失した映像で、同省の公式発表は「出回っている映像が本物かに関する、人々の誤った認識を解く」ことが目的だとしている。

     

     

     肝心なのはコロナ禍まっただ中のあの時期に公表した点である。賢明な読者の方々なら改めて説明の必要はないだろう。米国のいつものやり口である。

     

                                             ©CNN

     

     さらにこちらの画像はご存じだろうか?

     

     

               キー局の地上波では、ほとんどこの件を扱っていない

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     6月17日早朝に仙台市上空に現れた謎の飛行物体の画像である。その動きは遅く、かなりの数の仙台市民がその物体を目撃したようだ。 

     

     仙台市天文台も「観測用の気球でもなく、まったくなんなのか解からない状況」とのコメントを出している。まさにUFOである。

     

     

     公表のタイミングを疑う米国の未確認飛行物体、大手テレビ局が不自然なほど触れなかった仙台の未確認飛行物体…。レーダーでその姿を捉えているはずの航空自衛隊もスクランブルをかけていない。裏世界の思惑と情報操作を感じざるを得ない状況だ。

     

     

     そしていよいよ本題である。

     

     

     ついにYMRは白馬連山にUFO基地を見つけてしまったのだ。場所は五竜岳に続く登山道から外れた、西遠見山付近。明らかな不自然さ。人工的な造形。

     

     

     これ以上の説明は不要だと思われる。是非、ご自分の目で真実を確かめて欲しい。

     

     ※グーグルマップ左上の〔拡大記事の表示〕→メニューから〔地形〕を選択してください。

     

     

     

     

     

    【次回予告】

     

     白馬村に残る恐ろしくも悲しい民話とは?

     

     数百年に渡り語り継がれる一人の女の悲劇。

     

     

    ーおかるの穴ー

     

    コメント
    コメントする